Tel.03-3743-2777

診療日:月火水木金土

※日曜日、祝祭日・年末年始を除く

 小児歯科

お子様の歯や顎の骨は、成人の方に比べ柔らかいため、虫歯の進行がとても早いです。お子様の将来のためにも、早い段階でのしっかりとしたデンタルケアがとても重要です。年に数回定期検診へお越しいただき、お子様の口腔チェックをしましょう。

 

なぜ虫歯になるのか?
生後間もないお子様の口腔内には虫歯の菌は存在しません。しかし、生後6ヶ月経過する辺りから、離乳食を与える際にお母様が一度口に付けたものを与えるため、お母様の口腔内にミュータンス菌という虫歯菌が潜んでいる場合、お子様に感染してしまいます。
定期検診の必要性
お子様の乳歯は永久歯よりも柔らかいため、一度虫歯菌が発生するとものすごいスピードで進行し、放っておくと下にある永久歯にまで影響し、虫歯になりやすい歯なったり、歯並びが悪くなる原因となります。
また、年齢によって虫歯になりやすい場所も変わってきますので、年に何度かは定期検診をうけてブラッシングの指導や口腔チェックを受けるようにしてください。
早期に虫歯が発見できればお子様への治療の負担も軽く済み、歯科医院への精神的不安も通い慣れることによって解消されます。
治療を嫌がるお子様にも、出来る限り痛みを抑え優しく接することで、治療に対して前向きな姿勢で受けていただけるよう努力しております。
フッ素塗布について
歯の表面からフッ素を取り込み、虫歯になりにくい強い歯(歯質)を作ります。進行してしまった虫歯は自然には治りませんが、初期の虫歯は歯の再石灰化を促すことで治ることがあり、フッ素がこの働きを助けてくれます。
当院のフッ素塗布は、高濃度(9,000~9,500ppm)のフッ素を隅々まで歯に塗る手法を採用しております。1回のフッ素塗布では効果が薄いので、3ヵ月毎の定期検診時にフッ素塗布をし、虫歯予防の効果を高めます。
シーラントについて
シーラントとは、奥歯の噛みあわせ部分にプラスチックを埋め込む予防措置です。特に、生えたばかりの奥歯の永久歯(6歳臼歯)は虫歯になりやすいので、シーラントをおすすめいたします。
ただし、シーラントをしたから安心という訳ではありません。シーラントの予防効果が機能しているか確認する定期検診が大切です。
カリエスリスクテストについて
カリエスリスクテストとは「むし歯になりやすいか」のテストです。ガムを噛んで唾液を出し、検査棒を舌に当てたりするだけの、全く痛くない簡単なテストです。